日本の伝統的な結婚式である「神前式」スタイルの挙式が人気を集めています。
親族だけが参列するイメージが強い神社での挙式ですが、昨今は親しい友人知人の参列も増えています。

ですが、神社での挙式に呼ばれることは実際には少なく、
どのような服装で参列すればよいか、悩まれる方が多いようです。

神前結婚式に参列する際はマナーを守った服装で、かつ、
流れに沿った参列者の作法を身に付けておきたいもの。

神前式にお呼ばれしたゲストの服装や作法マナーをご紹介します。

1.神前式に出席する際の服装

【洋装の場合】
男性:正装または準礼装で、両家父親よりも控えめにします。
多くは、黒のスーツに、白、グレー、白×銀または白×黒のストライプのネクタイなどの準礼装が多いようです。

女性:露出度を控え、ノースリーブやキャミソールタイプのワンピースなら、ボレロやストールは必携です。
新郎新婦の母親や親族の多くは留袖という第一礼装の着物です。
場としてカジュアルスタイルはご法度なので、気を付けましょう。

【和装の場合】
男性:友人で和装で行こうという方は少ないかと思いますが、もし和装で参列する場合は
正装または準礼装、両家父親よりも控えめにします。

女性:洋装でもよいですが、折角の機会なので着物にトライしてみるのもよいかと思います。
神社挙式のような機会でもないと、着物を着るチャンスはなかなかありません。
神前式の雰囲気に合った華やかな着物は新郎新婦をはじめご親族にも喜ばれることでしょう。
振袖あるいは訪問着を着ますが、柄や色は派手にはせず、新婦と被ったりすることのないように注意します。

2.気をつけたいマナー

1)足下は素足厳禁

神前式では、「靴を脱ぐ」可能性を想定しておく必要があります。
特に神社での結婚式では、神殿に靴を脱いであがります。

女性はストッキングを履いておくことを、男性は間違っても靴下に穴など空いていないようにしましょう。

2) 途中参加厳禁
3) 私語厳禁

こういったマナーは当然のことながら、
神前式に限らず、他の挙式でも共通として言えることです。

他には、挙式中に勝手に写真をとることなども許されない場合がほとんどです。
特に神殿のなかは神聖な場ですので、空気を読まずにシャッターを切ることの無いようにしましょう。

原則、アナウンスがあるまでは撮影禁止と認識しておきましょう。

神社挙式が多く行われるのが京都。
そんな京都での神社挙式をプロデュースするサービスがあるようです。

是非利用してみてはいかがでしょうか。