白無垢を着たいという花嫁が増え
日本古来からの形式である神前式で挙式を挙げるスタイルが流行っています。

主に神社で行う結婚式のことを神前式と呼びます。
最近ではトータルで「和婚」と略されることが増えています。

和婚での挙式に参列したことのある人はまだまだ少なく、
和婚がどれくらい費用がかかるのかわからない方も多いと聞きます。

ここでは和婚の相場についてお話します。
和婚の費用で、神様に収める玉串料(初穂料)や、婚礼衣装についても、聞き慣れない慣習があります。
和婚の相場はどれくらいかかるのでしょうか?

挙式費用としては40万円程度が相場と言われています。
他の形式の挙式よりもリーズナブルではありますが、衣装代などにより、
結果的に変わらないというデータもあるようです。

三管演奏などを依頼するともう少し値上がりしたり、
カメラマンに依頼することによってもう少し値上がりしたりするようです。

結果的には
「和婚だから安く収まった」などの声もあまり無いことから、
それほど変わらないというのが実情と言えるでしょう。

では、判断基準としては何を持っておくべきでしょうか?
一番大きくは、日本古来からの挙式スタイルで挙げることによって喜びを感じれるか、と言えるでしょう。
二番目に、花嫁さまにとってウェディングドレスよりも着物に憧れを持っているか、というところでしょうか。
神前式には決まり事もありますが
上記ふたつが絶対的である方にとっては楽しい決まりと言えるでしょう。

決まり事についても、個人で調べるには限界があります。
きちんと和婚について詳しいプランナーに相談しましょう。