レストランウェディングで挙式をあげたい!
そういうお声が年々増加しているようです。

レストランウェディングといっても様々な会場があり、
どれだけの挙式が受け入れできるのかはその会場様々です。

まずは、選び方として、レストランウェディング会場の見るべきポイントを紹介していきます。
・収容人数
何名ほどでの挙式を想定しているのか、雰囲気はよいが入りきれない、または
すごくひとりひとりのスペースにゆとりが無いレストランウェディングは喜ばれる以前の問題。
まずはゲスト人数の確認と、その収容が可能な会場を探すことが前提となります。

・立地
郊外に非常にロケーションの良いレストランウェディング会場もありますが
ゲストのアクセスのしやすさはかなり重要な点となります。
遠方での結婚式は招待するゲストによっては良い評判を生まないこともありますので注意が必要です。

・挙式
レストランウェディングでは挙式をするかが議題にあがります。
挙式をする場合は、挙式会場が併設されているか、または移動できるほど近隣にあるかが重要なポイントとなります。

・設備
ブライズルームやゲスト控室、クロークなどの荷物預かりサービスがあるか。
このあたりは現実的に必要なゲストを招待する場合は必須条件となってきます。

・会場のレイアウト
ゲストが見えないようなレイアウトになっていないか、
見落としがちと言えますので注意が必要です。

・料理
招待するゲストが老若男女、様々な年代に対応できるかどうかも重要なポイントです。
小さなこども向け、もしくはご年配の方向けに料理をアレンジできるかどうかを確認しましょう。

・料金
どこからどこまでが含まれた金額なのかを明確にしてもらいましょう。
単純に会場と料理費なのか、パッケージプランがあるのかなど、確認事項です。

・持ち込み
パッケージプランの場合は、何か持ち込みを希望しているなら
どこまで可能かを確認する必要があります。

例えばドレスや引き出物を友人に発注したい場合などはその旨を相談するべきでしょう。
こういった具合に、確認すべきチェック項目を並べていくと、
比較的すべてを満たしたレストランウェディング会場は少ないか、
もしくは単純によく行くレストランを貸し切るだけというのは難しい場合も少なくありません。

レストランウェディング向けに、会場やプランが用意されているところを選択することがよいでしょう。
例えば大阪でレストランウェディングであればこのように完備されているところなどもあります。

結婚式の大切な瞬間を最高の時間にするために、
よく確認してから会場を選択するようにしましょう。