大聖堂での挙式は憧れますよね。

ホテルでの挙式やレストランウェディングとは少し違った雰囲気が味わえる、
まさに一生に一度の挙式になることでしょう。

教会で挙式はウエディングドレスを着てバージンロードを歩くことができ、
花嫁の夢が叶う結婚式のスタイルとして一般的なものと言えます。

そんな挙式での結婚式だからこそ、学んでおきたいマナーがあります。
[服装]
披露宴に向けてキャミソールドレスなど、肌を露出した服装で出席する場合は、ジャケットやボレロ、ショールなどを着用し、肌の露出を抑えましょう。
これは、基本的には神聖な場では肌の露出を抑えるという考え方から来ております。
花嫁より目立たないという考え方も同時にあります。

目立たない服装とは言え、喪をイメージさせる黒一色なども控えておいたほうがよいでしょう。
なるべくベージュ等、浅い色を選択するようにしましょう。

[撮影]
撮影は積極的に無許可でパシャパシャと撮るのはやめましょう。
撮影許可が降りる時間(アナウンスがあってから)での撮影とすることがマナーです。

新郎新婦、その親族への心配りからそのような行動をする人は少ない場合が多いですが、
少なからず見たことがある方もいらっしゃるかと思います。

また、許可された時間でも祭壇の後ろに回り込んで撮影することは絶対に控えましょう。

[式中・前後]
どのような場合でも挙式に呼ばれた立場であれば、バージンロードに足を踏み入れるのはやめましょう。
式場の入り口から祭壇までのバージンロードは、花嫁の誕生から新郎との結婚までを描いた人生の軌跡と言われています。
このようなルール・マナーを守った上で花嫁の結婚式を見守りましょう。
花嫁にとっては忘れられない日にしたいことは間違いありません。
マナー違反で残念な気持ちにさせるのは絶対タブーです。
大聖堂での挙式は人気を集めています。
大型の大聖堂も建設されたりしているようです。

大聖堂での挙式にあこがれている友人がいれば一度案内してみるのもよいでしょう。